Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
「SAYURI」
(だいぶ前の話だけど…)b0017256_1824038.jpg

SAYURI」のワールドプレミアへ行ってきました。
既にご存知のとおり、会場は両国国技館。
映画会社の招待券で行ったので、席がずばり土俵のド真ん中でした。(と言っても土俵はないけれど)

しかも後ろを振り返ってみると、いわゆる升席にゲストがずらり。。。(こんな人たちが来てました)
もちろん開演間近には、出演者陣も現れ、ものすごい威圧感の中で映画を見ることに。
しかしチャン・ツィーかわいかった...。

実を言うと、何の予備知識もなく観に行った私。着物を着た庶民の日本人がいきなり英語でべらべらしゃべり出すのには仰天しましたが、あれよあれよと映画の中に引き込まれていき、映像の美しさに圧倒されまくり、さゆりの人生に心をうたれ、感動して終わりました。あっという間の2時間半。

主役が日本人じゃないという点では警戒してたけど、全編英語にもあまり違和感を感じず、普通に感動してしまいました。終演後に舞台挨拶があったんだけど、チャン・ツィーもケンさんもミシェル・ヨーも感極まって泣いてたよ。

でも確かに、突然「アリガトゴザイマース」とかカタコトの日本語が出てきたり、随所で中国人とおぼしき人が登場したり、突っ込みたい部分はあったけどね。しかもこのアメリカ版ポスター、やばいと思うんですけど。アメリカ人から見たら、やっぱり日本人も中国人も同じなのね。

しかし。それを差し引いても、美しい日本がきちんと描かれていたのでうれしくもあり、私日本人でよかった…と思ってしまいました。

吹き替え版は、日本人キャスト全員自分の声をあてているらしいので、こっちも気になります。というか、普通に日本映画でコレ作れないのかな?
[PR]
by ainet7834 | 2005-11-29 18:17 | ★映画!
<< 「ミリオンズ」 Oasis@代々木第一体育館 >>