Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
「パフューム -ある人殺しの物語-」
b0017256_9103711.jpg
パフューム -ある人殺しの物語- 」という映画を見ました。

原作は、「香水 ある人殺しの物語」という、ドイツの大ベストラー小説。
監督は、私の好きな映画!「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァです。

舞台は18世紀のフランス。道ばたに積まれた魚のはらわたの上に産み落とされた(このシーンの映像が強烈!)主人公の男は、孤児院で孤独な少年時代を過ごす。無口な彼だが、嗅覚は人並みはずれて優れていた。

ある日、街で見かけた女性の匂いにとりつかれた彼は、不意にその女性を殺してしまう。命と共に、匂いも消えてしまった。ああ、女性の匂いを永久に自分のものにするにはどうすればいいのか…。苦悩する彼は、その目的を達成すべく、次々と女性を殺して究極の「香り」を作り出そうとする。

という、お話。
うーん、一見ヘン○イ映画。

映像美は素晴らしかったが、ストーリーが強烈すぎる。
クライマックスの10分間は、ずっと目がテンでした。
見終わった後もしばらく、妙な残り香が漂っている感じ。

ただ、主人公を演じていたベン・ウィショーの演技は圧巻だった。
セリフがほとんどないので、顔の表情だけで熱演。見事な匂いフェチっぷりでした。
彼はイギリスの舞台俳優らしい。

来年3月公開です。

オススメ度★★☆☆☆

[PR]
by ainet7834 | 2006-12-08 09:07 | ★映画!
<< Arab Strap@渋谷O-... 「オープン・シーズン」 >>