Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
手数料?
またイギリスの話。

ポンド高のせいで、ライブのチケット代も高いんですが、
チケット代に苦しめられているのは、イギリス人も同じのよう。

昨日のBBCニュースに、「ライブチケットの手数料が高すぎる!」
という記事が載っていました。
Gig booking fee shake-up demanded

イギリスでは、オンラインもしくは電話でチケットを購入すると
booking fee(service charge)と
transaction fee(order processing fee/delivery fee) がかかります。

例えば今回のTravisの場合、2枚買ったんですが、

チケットの額面価格は1枚£24.5(≒5880円)
この時点ですでに高い…

booking feeは1枚あたり£4.25(≒1020円)
2枚同時に買っても1枚ずつ課金…

transaction feeが£4.8(≒1152円)
郵送料に当たるものですが、会場ピックアップなので意味がない…

で、合計ナント約7500円(1枚あたり)。
額面から1600円も増えてます。
日本で観るほうが安いぞ…

チケットエージェンシー側はもちろん手数料の正当性を強調していますが、
記事に寄せられた読者からのコメントがボロクソです↓

その1. 書留の手数料を取られたのに、普通郵便で届いた。
その2.  booking feeのほかにクレジットカード処理料をとられた。
その3. チケット1枚ごとにbooking feeを取るのはおかしい。
その4. コンサートがキャンセルになっても手数料が返金されないのはナゼ。
などなど。

手数料はどこの国でも取られるけど、イギリスのはほとんど法外よね。
Venueで直接買えばこの手数料はゼロですから。

ちなみにRick Witterのチケットは、
額面£12(≒2880円)
BF£1.5(≒360円)
TAF£2(≒480円)
と、1人当たりの手数料は600円でやや安め。

でも額面がたった£12であることを考えるとやっぱり高いぞー。
[PR]
by ainet7834 | 2007-05-17 12:57 | ★イギリス!
<< 【'07英国旅行】5月... ACIDMAN@日本武道館 >>