Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
【'07英国旅行】5月22日 Travis@Manchester Apollo
b0017256_1603343.jpg

TravisがヘッドライナーのUKフェスに2回も行っておきながら、
なぜか一度も見ていないので、実はこれが初Travisライブ in UKです。

会場はManchester Picadilly駅近くにあるManchester Apollo。
これも劇場みたいな雰囲気だよね。

ちなみに夜7時なのに、こんなに明るい。



b0017256_1651531.jpg

会場前。キャパたった3500人なのに、ソールドアウトにはならず。
やっぱりチケットが高いからかな?

b0017256_176569.jpg

こちらは前座のBrinkmanというバンド。
最後に音響トラブルが起き、あっけなく退場しましたが…


Travisの登場は、例によって9時。
なぜかロッキーのテーマにのって、
ステージからではなく客席から現れました。
(音がかなり割れてるけど、映像があった)

b0017256_1771417.jpg

1曲目は、新作「The Boy With No Name」から"Eyes Wide Open”。

CDを聴いたときには何とも思わなかったけど、
途中からの曲の盛り上がりが、オープニングにぴったりだ。

続いて、"Writing To Reach You"、"Selfish Jean"、"As You Are"、
"Side"、"Love Will Come Through"、"Pipe Dreams"。

こんな前で見ていても、押しつぶされないのがイギリスのライブのいいところ。

私の前には、家族連れがいましたが、
パパは腕を組みながら聴き、娘はステージに夢中、
ママは写真を撮るのに夢中といった感じ。

やっぱりTravisは客層が広いよね。

b0017256_17261284.jpg

相変わらずニコニコしてますね。。。

待ってましたと言わんばかりの名曲"Driftwood"では、観客大熱唱。
この合唱も、イギリスならでは。
爽快です。

b0017256_17122153.jpg


そして、"Good Feeling"、"Closer"、"Sing"、"Colder"。

"My Eyes”の前には、フランが生まれたばかりの子供のことを
冗談交じりに、楽しそうに話していました。

おしゃべりしながら進むステージは、イギリスでも日本でも一緒。
だからTravisのライブは楽しいのです。

"Turn"の怒号の大合唱で、あっという間に本編終了。

b0017256_17145352.jpg

アンコール1曲目は、アコギ版"Flowers In The Window"。

フランが歌い、アンディが二人羽織のごとく後ろからギターを弾くという
離れ業を披露してくれました。

(これはかなり音がいいです↓)



"All I Want Do Is Rock"(アンコールにやってないかも)、
"U 16 Girls"と続き、

"Why Does It Rain On Me?"で、幕を閉じました。

「赤ちゃんと老人以外はみんなポゴジャ~ンプ!」と言うので
大盛り上がりだったよ。
何度聴いてもいい曲だね~。

b0017256_17172924.jpg

終演後。
相変わらず、ゴミを捨てられないイギリス人。。。

そういえば最前列でビデオを撮っていた客が
途中でセキュリティに止められていましたが、

それを聞いたフランが
「別にいいじゃん。ライブなんだから楽しまなきゃ。
僕もYou Tubeでライブ見たいもん」
と言ってました。

ので、ほかにもいっぱいアップされてます。
どれもデジカメや携帯のビデオで撮影してるから質はかなり悪いけどね。
http://www.youtube.com/results?search_query=Travis+Manchester

というわけで、ライブを見たら新作が一気に好きになりました。
かなりいいよね!このアルバム。
サマソニも楽しみだ!
[PR]
by ainet7834 | 2007-05-22 15:31 | ★イギリス!
<< 【'07英国旅行】5月... 【'07英国旅行】5月... >>