Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
Fuji Rock Festival 2007 <Day1>
ダイジェストレポ。

b0017256_1831534.jpg

フェス初日の朝、いつもの時間にいつもの宿に到着。

駅で知り合いの車に乗せてもらい、一気に会場へ。
どうもありがとう!

b0017256_18475966.jpg

ただいまフジロック。

Green Stageサンボマスターを横目に、Field Of Heavenへ。

山道を歩き、川を渡り、ボードウォークをひたすら歩いてようやく到着。
渋さ知らずオーケストラのライブを初体験。
キワモノパフォーマンスで一気に目が覚める。

b0017256_191468.jpg

記念すべき一食目は、朝霧食堂の富士宮やきそば。
桜エビがたまらんね。

b0017256_1971537.jpg

ついでにマンゴーラッシー完飲。
見た目と違ってかなりウマい。

b0017256_198879.jpg

Avalon Fieldを下り、White Stageで、ウワサの赤犬拝見。

全身タイツにフンドシに下ネタと、ヘンタイ要素満載なのに、
演奏はかなりまともだからビックリ。

b0017256_19133955.jpg


b0017256_19134857.jpg

White StageとGreen Stageを結ぶボードウォークが、ついに完成。
去年までココは、ただの崖でした。

……Green Stageまで戻ってきたものの、ヒマなのでドラゴンドラに乗ることに。

b0017256_19201100.jpg

なんとこのゴンドラ、世界最長なんだそう。
でも気づいたときには、時すでに遅し。
顔面蒼白の旅が始まります。(高いところ大キライ)

b0017256_19203489.jpg

ほとんど見ないで撮った1枚。

果敢にいくつもの山を越えて行くアクロバティックゴンドラです。
(にしか思えなかった)

b0017256_19211133.jpg

ダムが見えます。

b0017256_19222510.jpg

20分かけてようやく到着。
標高1346メートルまで来ました。

ブランコで遊んでみたり。

b0017256_19254811.jpg

歌を聴いてみたり。

炎天下の下界と違って、かなり涼しくて快適~。

b0017256_19272662.jpg

決死の覚悟で下界へ戻ったあとは、クイーンシーバでオムレツ黒カレー。
コレを食べなきゃフジロッカーにはなれません(?)。

b0017256_19292687.jpg

原始人あらわる。

わざわざイギリスから来たらしい。

Greenに戻って、Jarvis Cocker
イギリスが生んだ天才(天然?)パフォーマー登場。
ジャーヴィス節&ダンス炸裂です。ステキすぎ。

セットチェンジ中に、北海道ソフトを完食。
続いてKings Of Leon

なんとまあ(驚)。

宣教師一家という家柄にふさわしく、ストイックな演奏と風貌が売りだったはずなのに
ボーカル次男は髪をさっぱり切り、フェロモン丸出しのオトコマエに。
演奏も重厚感たっぷりで、格段ウマくなっている。何が起きたんだ?

もはや同じバンドとは思えません。

おかげで、なかば冷めかけていたレオン熱再燃!

本当なら次はDamien Riceを見に行く予定だったのに、諸事情により
Red MarqueeOcean Colour Sceneを見ることに。

メンバーが変わってから演奏力にキレがなくなったので
興味を失っていたのだけど、
やっぱり「The Day We Caught The Train」はいつ聴いてもいい。
♪オーララ合唱できて満足です。

b0017256_19535494.jpg

ついに登場。もち豚。
これもフジロックには欠かせません。

b0017256_19542229.jpg

今年初参戦の、さぬきうどん屋さん。
意外とフツウの味でした。

Greenに戻って、Muse
一時期しつこいぐらい見たので、しばしご無沙汰していたのだけど
気づいたら、もう5年も経ってました。

今やヘッドライナー級の大物になってしまった彼ら。
スクリーンの映像も圧巻だったし、
何より3人であれだけ重厚な演奏ができるのがスゴい。
曲によっては、ほとんどヘヴィメタ。

でもいちロックギタリストが、なぜそこまでピアノがうまいのか。
美しい旋律には毎度惚れ惚れします。

トリでもないのに、アンコールまであった。
しかも「Plug In Baby」。
私が最もUKバンドとUKフェスに熱を入れていた時期の曲なので、
懐かしさあまって、独り感動の嵐。
本当にすばらしかった。

本日のトリは、The Cure
23年ぶりの来日だなんて、
今年のチケット代は、彼らのギャラにつぎ込まれているに違いない。

知っている曲はほとんど聴けた。
のも納得。
なんと2時間半、全26曲の長編ライブだったらしい。

でも後半はうたた寝しながら聴いていたので、
最後まで見ずして退散。

1日目終了。
がんばって越後湯沢までバスで戻りました。
[PR]
by ainet7834 | 2007-07-27 17:37 | ★夏フェス!
<< Fuji Rock Festi... 落語。 >>