Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
Fuji Rock Festival 2007 <Day2>
b0017256_20435055.jpg

2日目トップバッターは、Juliette&The Licks
ジュリエットは、ネイティブアメリカンみたいな格好で登場。
前回はレオタードだったので、まだマシか。

バンドをやっているハリウッド俳優はたくさんいるけれど、
彼女はかなりマジです。
声量も演奏力も前回よりかなりパワーアップしてました。曲も悪くない。

b0017256_20441174.jpg

本日一食目は、クイーンシーバのフローズンマンゴーシェイク。

b0017256_20445126.jpg

続いてル・ジャルダンゴロワのクレープ。

Red Marqueeに移動して、The Bird And The Bee
かわいい歌声が心地よくて寝そうになる。

続いてSandi Thom
My Spaceの口コミで、人気が出た彼女。
それもそのはず、かなり歌がうまい。曲もポップだし。

Swithches
ごめん爆睡。

b0017256_20512446.jpg

寝起きに冷茶漬け。

b0017256_21172015.jpg

WOWOWブースで、Juliette&The Licksがゲスト演奏中。
またまたジュリエットは、奇抜な格好。

ラッキーなことに、G Loveも登場して1曲披露してくれました。

Greenに戻って、Kula Shaker
結局また見ちゃったよ。
昔の曲はまだいいとして、やっぱり新曲は受け入れられません。

グルーブ感あふれる演奏こそ彼らの真骨頂だったのに、今は何だかなぁ…。
思い入れが強かっただけに、もはや1000歩譲ってもダメです。さようなら。

Redで、Lily Allen
彼女のほうが断然よかった。

b0017256_21185861.jpg

ところ天国で、“そんじょそこらのソーセージ”をいただく。

Heavenへ移動し、Grace Potter&The Nocturnals
伸びのある歌声と、ダイナミックな演奏。
予想どおり、すばらしかった。

Whiteへ移動し、Omar Rodriguez Lopez Groupをチラ見。
あれ?オマーだけじゃなくて、セドリックもいる。
何だ、メンバーはMars Voltaと一緒らしい。

Greenへ移動し、Iggy&The Stooges

中盤、オーディエンスがステージに乱入。
お決まりの展開ですが、200人以上もステージに上がっては
さすがにイギーも困惑した模様。
"Take it easy, Tokyo Punks"と言ってみるものの効果ナシ。

収拾つかず、イギーがセキュリティに連れられて一時退散するという
見事な暴動っぷりでした。

しかしカッコイイね、イギーは。

またまたWhiteへ移動。いい加減疲れました。
3人になってしまった新生ASHの登場。

ギター&コーラスが欠けた分、スピードでカバーしているという感じで
かなり攻撃的な演奏。
新アルバムも完成度高いし、ASHのライブはいつ見ても楽しい。
でも、2004年のRed Marqueeは越えられないな。

b0017256_2149210.jpg

ヘブンに戻って、さくらぐみの窯焼きマルゲリータをオーダー。
野外で窯焼きピザが食べられるなんて幸せ。

Gov't Muleを見ながら食べてみる。これまた幸せ。

b0017256_2137430.jpg

夜のOrange Courtにミラーボールが光輝いています。
怖いもの見たさでPRIICCEE music Vincent Galloを拝聴…。

ステージに3人いるのだけど、
演奏しているというか、機械をいじっているだけというか。
曲というか、単調な音の連続というか。
3人のうち、誰一人として客の方を向いていないという、
かなりの自己満足ワールド。

…気を取り直して、再びGov't Mule
彼ら、かれこれ3時間ほどジャムってます。

夜のヘブンに登場するバンドは、いつも圧倒的にレベルが高い。
見せつけてくれる、という言葉がぴったりです。

b0017256_2355236.jpg

夜のヘブンは、雰囲気も素敵。

午後11時半にようやく終了。
歩きすぎて、もう動けません。
重い足を引きずって、バス乗り場へ。
30分以上待ってようやく乗れた…。
ああもう疲れすぎ。
[PR]
by ainet7834 | 2007-07-28 20:24 | ★夏フェス!
<< Fuji Rock Festi... Fuji Rock Festi... >>