Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
Rufus Wainwright@Diamond Hall
b0017256_232912.jpg

待ちに待ったRufus Wainwrightの来日公演。勢い余って名古屋まで行ってきました。Rufusを見るのも初めてなら名古屋へ行くのも実は初めて。

今のこの時期は、オーストラリアがちょうど夏でフェスティバル&ツアーシーズンなので、それと一緒に(ついでに?)日本を回るアーティストが多いのだけど、彼もそのパターン。日本みたいに知名度が低すぎる国に来てくれるだけでもありがたいのだが、オーストラリアツアーへの流れで、フルバンド(管楽器&弦楽器)で来てくれたのがなおうれしい。ちなみに10年ぶりの来日です。

ライブは二部構成で全2時間半。ミュージカルやオペラを彷彿とさせる独特の世界観と、美しいメロディがRufusの音楽の魅力ですが、それを奏でる彼の歌声が本当にすばらしい。声量があってのびやかで、それでいて情感も豊かで…ナマで聴いて改めて彼の歌唱力の高さを実感しました。力強いピアノ演奏で歌い上げる"14th street"は圧巻だった!

アンコールは、女装してジュディ・ガーランドの"Get Happy"をミュージカル仕立てで、そして女装のまま"Gay Messiah"で終演。…と、超個性的な彼ですが、会場は終始拍手喝采でした。もうなんかね、拍手を贈らずにはいられないほどすばらしいのですよ。ライブを見てこんなに感動したのは久しぶりです。

客は少なかったけど(1000人のキャパで半分も入ってない?)、アメリカはもちろん海外では大きな会場でしか見られないので、こんな小さいハコで見られたのはある意味ラッキーでした。

でもまた見たい!というわけで、水曜日に再び東京公演へ行きます私。



b0017256_2341116.jpg

ひつまぶし!


b0017256_23413640.jpg

名古屋城!

[PR]
by ainet7834 | 2008-01-21 00:20 | ★音楽!
<< Sufjan Stevens@... 「エンジェル」 >>