Top
      since 2004.8.29
カテゴリ
★日記
★音楽!
★映画!
★本!
★美味!
★イギリス!
★旅!
★夏フェス!
以前の記事
<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「ヒトラーの贋札」
b0017256_935685.jpg

新年最初の「映画の会」は、「ヒトラーの贋札」。

ナチス占領下のドイツで、ポンド紙幣の贋造に加担させられたユダヤ人たちの苦悩と葛藤を描いた作品。もちろん実話で、偽札作りをしていたユダヤ人本人が書いた著書が原作になっています。

作ればナチスドイツに協力することになるが、収容所にいる他のユダヤ人は容赦なく殺されている。生き延びるためには偽札を作り続けるべきか…という究極の選択をつきつけられたユダヤ人技術者たち。一瞬一瞬が張り詰めていて、心かき乱される1時間半でした。

原題が全然違うので気付かなかったけど、今年のアカデミー賞にもノミネートされているらしい。

ディナーはBrasserie AUX AMIS にて。
[PR]
by ainet7834 | 2008-01-31 09:04 | ★映画!
Rufus Wainwright@東京国際フォーラム
というわけでまた行ってきました。さすがに東京公演はソールドアウトでしたよ。セットリストは名古屋とほとんど一緒だったけど、途中アイルランドの古い民謡を独唱してくれました。それもマイクなしで高らかに。なんだかもう素晴らしすぎた(涙)。

今日の会場はコンサートホールで天井が高く、音響がよかったので、彼の歌声が本当に美しく響き渡っていました。「オペラ座の怪人」のテーマを取り入れた"Between my legs"というこれまた素晴らしい曲があるのだが、それなんか大迫力で。

ちなみに彼の曲は映画でよく使われるので、Rufusを知らなくても歌声はどこかで耳にしているかもしれません。「ブロークバック・マウンテン」「シュレック」の主題歌や、挿入歌だと「アイ・アム・サム」「ブリジット・ジョーンズ」「アビエイター」「ムーラン・ルージュ」etc...数え切れないぐらい。しかもほとんど書き下ろし。本当に素晴らしいシンガーソングライターです彼は。

2公演見に行ってよかった。満足です...。



Rufusワールドを垣間見たい人は、冴えないダンサーと歌うこの映像をぜひ。
ジュディ・ガーランドのカバーです。
[PR]
by ainet7834 | 2008-01-23 08:27 | ★音楽!
Sufjan Stevens@渋谷CLUB QUATTRO
シンガーソングライターSufjan Stevensの初来日公演。彼もまたオーストラリアツアーとセットでやって来た。でも日本じゃ知名度低いし、どうせ客少ないんだろうなーと、ふら~と行ってみたら、なんと!チケット完売で会場超満員。しかもガイジン&男性率高すぎ。みんなデカくてステージが見えませーん…。

という中で始まったライブ。彼がこれまでに出したアルバムは「ミシガン」と「イリノイ」。出身地である「ミシガン」を皮切りに、アメリカの各50州をテーマにしたコンセプトアルバムを作っている異色アーティストなのだが、音楽がまた独特で。弾き語りのようでいて、エレクトロでポップ。音色はオルゴールのように優しく、コーラスワークがどこまでも美しい。

いったい生演奏でどんな空間を作り出すのだろう?と興味津々だったのだが、フタを開けてみれば、Sufjanがピアノとアコギをとっかえひっかえしながら、バックバンド9名と、羽を背負って(!)演奏するエキセントリックなライブでした。ステージパフォーマンスまで異色だった。

ちなみにバックバンドのうち1名が、The Polyphonic Spreeのギタリストで、3名がRufus Wainwrightの管楽器メンバー。類は友を呼ぶ、というか納得の顔ぶれだった。ていうか同時に来日していてかけもちが可能なのか。

とてもすばらしいライブだったけど、拍手すらできないほど混んでいてツラかった…。
[PR]
by ainet7834 | 2008-01-22 08:26 | ★音楽!
Rufus Wainwright@Diamond Hall
b0017256_232912.jpg

待ちに待ったRufus Wainwrightの来日公演。勢い余って名古屋まで行ってきました。Rufusを見るのも初めてなら名古屋へ行くのも実は初めて。

今のこの時期は、オーストラリアがちょうど夏でフェスティバル&ツアーシーズンなので、それと一緒に(ついでに?)日本を回るアーティストが多いのだけど、彼もそのパターン。日本みたいに知名度が低すぎる国に来てくれるだけでもありがたいのだが、オーストラリアツアーへの流れで、フルバンド(管楽器&弦楽器)で来てくれたのがなおうれしい。ちなみに10年ぶりの来日です。

ライブは二部構成で全2時間半。ミュージカルやオペラを彷彿とさせる独特の世界観と、美しいメロディがRufusの音楽の魅力ですが、それを奏でる彼の歌声が本当にすばらしい。声量があってのびやかで、それでいて情感も豊かで…ナマで聴いて改めて彼の歌唱力の高さを実感しました。力強いピアノ演奏で歌い上げる"14th street"は圧巻だった!

アンコールは、女装してジュディ・ガーランドの"Get Happy"をミュージカル仕立てで、そして女装のまま"Gay Messiah"で終演。…と、超個性的な彼ですが、会場は終始拍手喝采でした。もうなんかね、拍手を贈らずにはいられないほどすばらしいのですよ。ライブを見てこんなに感動したのは久しぶりです。

客は少なかったけど(1000人のキャパで半分も入ってない?)、アメリカはもちろん海外では大きな会場でしか見られないので、こんな小さいハコで見られたのはある意味ラッキーでした。

でもまた見たい!というわけで、水曜日に再び東京公演へ行きます私。

せっかく行ったので観光もしてきた。>
[PR]
by ainet7834 | 2008-01-21 00:20 | ★音楽!